当会では、日本経営診断学会東北部会との共催で研究発表会を開催いたします。
両会の会員が経営における様々な問題に関して研究した成果を発表するものです。
つきましては、両会の会員のみなさまをはじめ、ご興味のある方のご参加をお待ちしております。

開催日時

平成27年11月7日(土) 14時~17時

開催場所

岩手県立大学アイーナキャンパス 7階 学習室1

開催要領

基調講演
一般社団法人 岩手県中小企業診断士協会会長 宮 健
テーマ:決算書を利用する立場からの提言

自由論題
1.岩手県中小企業診断士協会 会員 小田島 広美
テーマ:岩手県の外食産業概観について

2.岩手県立大学ソフトウェア情報学部 4年 日脇 時生
テーマ:入居型介護施設における業務システムの構築

3.岩手県立大学ソフトウェア情報学部 4年  鳥居 勇起
テーマ:観光分野における地域情報の活用の提案

4.岩手県立大学ソフトウェア情報学部 准教授 岡本 東
テーマ:情報技術の活用による商店街活性化支援

参加申込

参加をご希望される方は、当ホームページ「お問い合わせ」よりお申込願います。
お申込の際は、発表会後の懇親会(於:大通りやまなか家、3000円、送迎バス有)の出欠についても付記願います。

申込締切

2015年10月23日(金)

参考:昨年度発表テーマ

1.「強い会社になるための10カ条」
2.「超高齢化社会における企業経営のあり方」
3.「酪農におけるマネジメントサイクルの作り方」
4.「乳製品を対象としたトレーサビリティシステムの提案」
5.「ウェアラブルデバイスの最新動向」